ピューレパールの成分とにおいケア効果

 

ワキの黒ずみケアクリーム、ピューレパールには

保湿と美白の7大成分が入っています。

 

潤い、保湿には

トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、天然ビタミンEが働きかけ、

 

美白には

プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウム(2K)、米ぬかエキス

が働きかけます。

 

またにおいケアとして、グリチルリチン酸2K、ビサボロール、天然ビタミンE

入っています。これにより、制汗剤の代わりに使えます♪

 

制汗剤は基本的に刺激物で、多用すると黒ずみのもとになりますが

ピューレパールは刺激のない成分ですし、制汗剤代わりに使えるので

安心ですね(*´ω`pq

 

成分別に詳しく見てみましょう!

 

トリプルヒアルロン酸

トリプルヒアルロン酸は、品質の良い3つのヒアルロン酸を配合し、

より潤いと保湿力を高め、肌を刺激から守るバリア力を高めます。

また、ターンオーバーを整える効果もありますね(^^)

 

 

プラセンタ

プラセンタは保湿と美白両方に働きかけます。潤いはもちろん、

SOD効果もあったりします。SODとはスーパーオキシドジスムターゼ

(舌噛みそう(;´∀`)) というもので、簡単に言うと活性酸素を分解してくれる物質です。

 

 

活性酸素は細胞にダメージを与え、錆びさせてしまう、老化のもとになる

ものですね。シミシワ、たるみなどをできやすくするのですが、プラセンタには

老化を抑えるアンチエイジング効果があるんですね(^^)

 

コラーゲン

弾力のあるゴムのようなもので、ゼラチンのおもな成分ですね。

真皮という肌の奥深い部分にあり、肌のハリを保っていますが、20代後半ころから

体で作られる量が減っていきます。そうして弾力が落ちていき、肌が支えられなくなり

しわやたるみの原因になります。

 

ワキなどもおなじく、コラーゲンなどの成分が減るとしわができたりしますので

外からとる必要がありますね。

 

天然ビタミンE

保湿効果と酸化防止効果があります。またほかにも血行をよくしたり、

新陣代謝を高める効果もあります。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCより体に吸収しやすいように作られたのがビタミンC誘導体です。

美白に高い効果があり、美白商品にはよく使われています。

 

たとえばメラニンを作り出すのを抑えたり、すでにできているシミや黒ずみを

消したり、薄くする効果があります。またニキビを改善する効果や

体内のコラーゲンを増やす効果、美肌効果もあります。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

正式名称はグリチルリチン酸二カリウムで、

グリチルリチン酸2Kとも呼ばれます。

 

漢方薬でよく使われる甘草に含まれる成分で、抗炎症作用や抗アレルギー作用

があります。またニキビや肌荒れを防ぎます。

 

名前からなんとなく体に悪そうな感じがしますが、刺激の少ない成分です。

敏感肌や低刺激の化粧品などによく使われています。

 

米ぬかエキス

豊富なアミノ酸やビタミンBやEをふくみ、肌に透明感を出す効果があり、

肌の質を問わず、肌に浸透しやすく美肌を促します。

米ぬかエキスはかなり昔から美肌に用いられてきたともいわれています。

 

ビサボロール

ジャーマンカモミール(カミツレ)という植物に含まれる成分で、ニキビやあせも、

肌の乾燥を抑えたり、殺菌効果もあります。なのでワキのにおいを抑えることにも

効果的で、刺激も少ない成分です。

 


 

これらの成分が保湿・美白、そしてにおい対策として働き、しかも

刺激の少ない成分ばかりを配合しているので、低刺激です。

 

口コミをみても、肌荒れした・・・という方は

今のところ私はお目にかかってません。

 

それくらい肌に安心して使える商品だと

言って良いでしょう♪無添加ですしね(*´ω`pq

 

 

肌に合わない場合に返金してもらえる、60日間返金保証もついてるくらいですので

安全面ではまず心配ないですね。

 

刺激があれば、それが乾燥や肌荒れ、たるみ、黒ずみなどにつながりますから、

やはりその辺はしっかり考えて作られていますね。

 

コメントを残す