座りすぎは黒ずむもと!座りすぎを防ぐ2つの方法

私たちが生活するうえで毎日必ず行うのが、座ること。

 

重力が働いてるので、どうしてもたったまま生活することは

まず無理ですし、立ちっぱなしで仕事とかして、

やっと座れた時の安らぎはかなりやばいですよね(笑)

 

 

体の重みを分散して負担をわけることができるのが座ることなんですが、

 

立ちっぱなしだけでなく座りすぎもまた、負担が大きくしかも

黒ずみやすいという悪影響があります。

 

 

座り方はいろいろですが、正座、体育座り、

女の子座り、胡坐(あぐら)、横座りなど。

 

そしてデスクワークなどでイスに座ったり、

ソファに座ったり、足を組んだり。

 

 

いろんな座り方がありますが、

 

イスとか机、床など、体が触れている場所は黒ずむ可能性が高いです!

 

ひじ、ひざ、あるいはお尻が妙に黒いとか、ガサガサして乾燥してる・・・

あなたも身に覚えありませんか?

 

 

それは座りっぱなしが原因の一つだと言えます。座りっぱなしだと、床などに

触れてる部分は体重が大きくかかってて、どんどん押しつぶされていきます(´;ω;`)

 

 

肌はダメージから身を守るために、肌を厚く硬くしようとします。メラニンが出るのも

そのためです。メラニンってもともとなくてはならないものなんですけど、

刺激が多いと作りすぎちゃうんですよね(;´・ω・) その分が色素沈着しちゃうんです。

 

 

座りすぎを防ぐには?2つの解消法

 

座りすぎを防ぐ1つ目は、ズバリ、立ってできることを増やすことです。

 

 

 

例えばデスクワーク。机に座りっぱなしでお仕事されてますよね。同じ姿勢が続きます。

そこで、立ってできるストレッチを仕事の合間にちょくちょくはさむことがおすすめです!

 

ストレッチは1日に何度やってもOKですし、気分転換にも、体を柔らかくするのにも

良いですので積極的にとりいれたいですね(#^.^#)

 

 

また家の場合だと、ストレッチや筋トレ、また散歩してみたり、ウォーキングなどの

運動をとり入れてみたり、外出したりして、座る時間を少なくすると良いですよ♪

 

 

もう一つは、座り方を変えてみること。たとえばあぐら座りが多い人は正座とか

横座りをやってみるとか。いろんな座り方をしたほうが刺激を分散しやすいので、

黒ずみを予防しやすくなりますね(・ω・)b これで、同じヶ所を刺激する

座りすぎを防げますよ☆

 

 

私たちには必ず好きな座り方があります。

あぐらが好きな人はあぐらばっかりかくし、

正座が好きな人や女の子座りが好きな人も、

いつのまにか同じ座り方をしょっちゅうしています。

 

 

机にひじをつくのも同じですね。ひじをつくのが

好きな人は、もう当たり前のように自然とやってしまうのです(;´∀`)

私もなんですけどね~(笑) 保育園で子供がお絵かきしてるの見てるときとか、

ふいにしてるときがあります。ので先輩におこられます (ノ∀`)アチャー

 

 

なのでストレッチとか、たってできることをして座る時間を減らすことと、

座り方を変えることで同じ姿勢の座りすぎを防ぐことを意識してみてくださいね☆

 

また、座りすぎるとお尻がぺったんこになるかも・・・エクササイズで解消しましょう!

という記事でお尻のエクササイズ動画も紹介していますのでどうぞ♪

 

 

コメントを残す