あなたの柔軟剤は大丈夫?肌に優しい柔軟剤を選んで黒ずみ予防!

柔軟剤は、ほんとにたくさんの女性が愛してやまない

アイテムですね。

 

香りが良いし、服のゴワゴワもふんわり♪(´ω`*)

 

 

私も香りがあると、気分が変わるので割と好き

なんですが、たまに柔軟剤を試したくなって、

新しいのに変えたりするとかゆくなったりするときがありました。(>ω<;)

 

 

なんでだろう???って思って調べてみると、ある事実が・・・それは

 

 

界面活性剤が原因でした!

 

界面活性剤がかゆみ、果ては黒ずみの原因に・・・

 

界面活性剤ってよく聞きますよね、食器用洗剤とかに

入ってますね。

 

あとは洗顔料やクレンジングなどにも入ってます。

呼び名が変わっては乳化剤って書かれていますが(;^ω^)

 

 

界面活性剤は、油を落とす役割をしてて、食器洗剤で言えば油を落とし、

水で洗い流せるようにしています。お肌の場合は皮脂の汚れを

洗顔などで落としてるんですね(・ω・)b

 

 

ですが、界面活性剤も使いすぎると、脂をとりすぎちゃうんです!

 

 

食器洗いを長時間してる時を例にすると、

素手で洗剤まみれで洗ってたら

手がガサガサになりますよね。

 

乾燥しちゃって、ハンドクリームを塗ることも

多いはずです。これは皮脂のとりすぎによる

乾燥(ToT)ガサガサ

 

洗顔もクレンジングも同じで、やりすぎると顔が砂漠化します(´;ω;`)

 

 

え、でも柔軟剤は服に使うんだから、

界面活性剤は関係ないんじゃないの?

 

て思われるかもしれませんが、これがかなり

関係あるようで・・・・

 

 

 

界面活性剤の量が多いほど、かゆみをひきおこしやすくなるのです!( ゚Д゚;)

 

 

かゆみがでるということは、

 

肌が刺激される⇒乾燥する⇒かゆくなって掻く⇒さらに乾燥⇒肌荒れ

 

という風になりやすく、それがメラニンを生み出し、

場所によっては黒ずみにまで発展しやすくなるんですね(+_+)オソロシヤ

 

優しい柔軟剤を選ぶポイント

 

それは、

 

界面活性剤の入ってる量が少ないものを選ぶこと

 

 

理想は、入ってないものが良いんですが、入ってないのって少ないんです。

 

人気のある柔軟剤、ダウニーとかファーファ、さらさ、レノアなど、

市販されてるものはだいたい界面活性剤が入っていますし(;´∀`)

裏面の成分表を見るとわかります汗

 

 

裏面を見ると、%で量が書かれてるものや何も書かれてないものがあります。

お気に入りの柔軟剤があるなら、一度チェックしてみるといいかも知れません(・ω・)b

 

界面活性剤を使ってない安心の柔軟剤、ミューラグジャス

 

lerc1ちなみに私は現在、界面活性剤を使ってない

柔軟剤を使っています☆それがこの

ミューラグジャス。

 

あ、これ柔軟剤入り洗剤なんですけどね(笑)

ちょっと高級感のある柔軟剤です♪

 

 

界面活性剤が気になって、商品をいろいろ探してるうちにこのミューラグジャス

発見しました☆ちょっと市販物より値段が上がりますが、お肌にはよさそうだな~

と思ったので、使ってるうちにハマりました(笑)

 

 

ムスク、バニラ系の香りで、優しい気分になれそうです。

服も柔らかく仕上がり、けっこう快適☆かゆみも今のところ出てないです(^^)

 

あなたも興味があれば、ミューラグジャスを↓で見てみてくださいね☆

 

 

コメントを残す