日焼けはシミや黒ずみの大きな原因!今すぐやめたほうが良い理由

昔から、夏に海で体を焼く人がけっこう多く、

定番となっていますね。

 

可愛くなれるから、キレイに見えるから、

夏だから!

 

などさまざまな理由があると思いますが、

肌にとっては非常に!危険な行為なんです(>ω<;)

なぜ日焼けは危険なの?その理由

 

日焼けが危険な理由はズバリ、シミや黒ずみができやすい体になることです!

 

肌へのダメージやメラニンが蓄積されるので、

体の深い見えない部分でシミや黒ずみが

潜んでいることになるのです。

イヤですよね~(;´Д⊂

 

 

それは、加齢によって急に浮上してくることも

ありえます。年を取るとシミや黒ずみが増えたという女性がすごく多いのですが、

若いころの日焼けが原因になってることも多いのです。

 

 

 

日焼けといえば紫外線。紫外線と言えばシミと言われるくらい

紫外線が有害なことは知られていますが、そもそも紫外線は

人の体の深いところまで届く力を持っています。

 

 

私たちの体は肌表面の皮一枚のところに角質層があり、その奥には真皮という

場所があります。上の画像で言うとUVB(紫外線B波)の部分が角質層、

UVA(紫外線A波)の部分が真皮です。

 

 

角質層はターンオーバーなどで細胞の生まれ変わりがつねに行われ、

傷なども治していきますが、真皮から奥はターンオーバーなどはされておらず、

この部分は自己回復ができません。

 

 

紫外線A波はその真皮までも届くのですが、そこで肌を守るために役立つのが

メラニンです。メラニンを作り出して紫外線をブロックしているのです。

 

 

もしメラニンが作られなかったら、紫外線が真皮まで届いてしまい、

正常な細胞を作る設計図であるDNAが傷つき、がん細胞(異常な細胞)が

できてしまいます。

 

夏場の日焼けなどで、焼きすぎると皮膚がんになるとか言われますが、

これは焼きすぎでメラニンでも防げないほど浴びているからですね。

 

 

焼いている最中は目に見えないのでわかりにくいですが、体の中では

こっそりと、怖いダメージをためこんでいるのかもしれません。

 

メラニンはなくてはならないものだけど、

刺激がある分たくさんメラニンを

増やしてしまいます。

 

 

過剰に作られ、ターンオーバーで

排出しきれず、そのまま残って色素沈着しちゃうという流れです(T-T)

 

日焼けをやめて明るい人生を歩みましょう

 

日焼けはとくに学生さんや若い女性が、若気の至りの

ように行っていますが、これは必ずと言っていいほど

後悔のもとになります!

 

 

とくに毎年日焼けしてるとか、日焼けする回数が

多いとか。シミや黒ずみで将来悩むことになる

可能性大です。

 

もしできてしまったら悩むことになりますし、治療するにもお金と時間が

かかりますよね。治療しても治らない可能性だってあります。

 

 

そのころに、若いころの日焼けが原因だった!なんて気づいても

やっぱりおそいのです。あのときやめておけば・・・・といっても、体は戻りません(;´Д⊂

 

 

友達がやってる場合も、つられてノリでしない方が絶対に良いです。

あなたの体はあなたしか守れません。数年後、10年後もキレイな肌でいたいなら、

いますぐ日焼けをやめましょう! そして明るい人生を歩んで行きましょう(^^)

 

 

コメントを残す