ひじの黒ずみの原因

 

 

ひじも黒ずみやすい場所の一つですね。

 

黒ずんでも、わきほどは恥ずかしくないとは

思いますがやはり肌が白い女性ほど、

白と黒のコントラストがはっきり出て

目立ちます。

 

ひじの黒ずみの原因は

 

良く動かす関節部分であること

ひじ自体が乾燥しやすい場所

ひじを机などによくつく(刺激、圧力)

服の摩擦

 

主にこの4つになります。

 

ひじの黒ずみも他の部位と同じく、あらゆる刺激を受けて

メラニンが過剰に作られ、だんだん黒ずんでいきます。

 

とくにひじは年を増すごとに黒ずみも増すとも言われ、私たちが

生活の中で気を使っていかないと、黒ずみの進行を止められませんので

まずは原因を知り、黒ずみ予防に努めていきましょう!

 

 

ひじは腕の曲げ伸ばしをするために頻繁に

動く場所ですが、こういった関節部分は

角質がたまりやすいです。

しわやたるみもできる場所ですし。

 

 

またひじは皮脂腺が少なく汗をかきにくい場所なので、

これも角質がたまりやすくなります。

 

 

これらは防ぎようがないことなんですが、ひじを黒ずみに導いているのは

なんといっても乾燥とひじをつくことです。これらが

黒ずみをひどくさせていってるんです。

 

 

乾燥なら保湿クリームを塗ることで予防できます。

黒ずみにとって保湿は超大切!ていうか一番大切!

 

保湿をすれば、お肌のターンオーバーを整えたり

刺激から守るなどの機能も高まります。

 

 

 

そしてひじをつくこと。これは

 

ひじに直接刺激を与えて

メラニンを増やしてる

 

ことになります(・・;)

 

私も学校生活のころから、かなりのほおづえをつく生活をしてきました。

それが現在の職場でも、ちょくちょくやってしまったり。

 

とにかく楽なんですよね~(笑) なのでほおづえをついてしまうのは

よくわかります。

 

そして最近気づいたのは、猫背だとより

ほおづえをつきたくなるということですね(;^ω^)

 

 

猫背は前傾姿勢になるので、それを支える

ためにひじをつきたくなるんです。

 

 

デスクワークとか、家でパソコンしたりしてると、いつの間にかひじついてる

なんてことはよくあるかと思います。

 

猫背だと前にかなりの体重がかかるしお腹も苦しくなりがちなので、

支えがほしくなるんですね。

 

 

私の場合はウォーキングを始めてから、腹筋とか背筋とか鍛えられて

かなり猫背が改善されました。するとひじをつくことも少なくなったんです。

 

このように、姿勢も大切だし、ひじをできるだけつかないという気持ちを

持っておくことが、ひじの黒ずみを予防することにつながりますので

気にしてみてください(^^)

 

黒ずみ対策は早ければ早いほど良いし、美肌を保つためにも

大切なものです。原因を知り、黒ずみを作らない生活をしていきましょう(*´ω`*)

 

 

コメントを残す