タバコで黒ずみやすくなる!タバコを減らして黒ずみ予防

最近は前よりタバコを吸う方が男女ともに

減ってきてるそうですが、まだまだ

吸ってる方は多いです。

 

 

タバコ顔と言われるほど、タバコには

女性の肌を老化させてしまうほどの力があります。

 

それはしわ、たるみだけでなく、黒ずみまでも作りやすくしてしまう

ことがわかりました(^^;)、

 

タバコで黒ずみができやすくなるのはなぜ?

 

1つは乾燥です。タバコがビタミンCを破壊する

ことは良く知られていますが、このビタミンCは

潤いを保つコラーゲンを作リ出すのを

助けています。

 

 

このコラーゲンがタバコによって作られにくくなってしまうと、体は

乾燥しやすい状態になり、乾燥で刺激にも弱くなる=肌が弱くなる

ということになります(;´・ω・)

 

 

刺激に弱くなればなるほど、乾燥すればするほど、肌を守ろうと

メラニンをせっせと作り出してしまいます。

 

 

 

もう一つは、新陣代謝(ターンオーバー)が

落ちることです。

 

タバコの煙によって血流が悪くなり、

細胞の働きが悪くなります。

 

 

新陣代謝によって細胞が生まれ変わり、キレイな肌を保てるのですが

ターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニンをふくんだ角質をうまく

垢として排出できなくなり、黒ずみがたまっていってしまうんです。

 

 

タバコを吸いつつ美容をしても、効果が低い(やらないよりはましだけど(^^;))

のでできれば禁煙するか、本数を減らしてみる価値はありますよ。

 

 

正直ストレスのたまる仕事もいっぱいあると思いますし、ナースの友達は

「ナースの喫煙率はびっくりするくらい高いよ!」って言ってました。

ストレス発散でタバコを吸う方は多いようですね。

 

 

タバコは嗜好品ですし、ストレス発散には良いかもしれませんが、

お肌のことを思うなら、できれば禁煙、それが難しいなら本数を減らすなど

工夫するのをおすすめしたいですね。女性は美肌のほうが、見た目にも健康にも

良いに決まってますから(^^)

 

 

正直肌が乾燥したり荒れただけでそうとうなストレスのもとになりますからね。

 

タバコ吸う⇒肌荒れでストレスたまる⇒タバコでストレス発散⇒肌荒れ⇒ループ

 

みたいな感じで、知らぬ間に悪循環にハマっちゃいます(^^;)

 

 

とくにタバコは女性のほうが男性より影響が大きいと言われてます。

やはりそれは美容面。先ほどのビタミンC破壊以外にも

女性ホルモンが抑えられるので、肌のハリや潤いなどが

失われてしまいます。

 

また妊娠した時も、おなかの赤ちゃんに障害などの影響が

でるのでやめたほうがいいですしね(゚-゚;)

 

 

というわけでタバコは肌の働きを弱め、乾燥しやすくなり、黒ずみも

できやすくなるというお話をしました。

 

もしあなたがタバコを吸っていて黒ずみがあるなら、ぜひ本数を

減らすなど努力して美肌を守ってくださいね(^^)

 

 

コメントを残す